ブログ

「人工」の単価

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 「人工」の単価

2019/11/05

「人工」の単価

「人工」の単価
先日、3社の会社の社長さんとお会いさせていただいたてお話した中で
共通の話題は「人工」の金額。

10/29.30のブログの中では、平均の工事金額の単価の話をしました。

今回は「人工」の単価のお話しです。

ここでは金額などは載せませんが、やはり会社様によって人工単価も違うんだと思いました。
1日でこんなにも単価の違いを知ることができるんだと少し心臓がバクバクしました。
塗装工、防水工、シーリング工、その他工事に対しての1つ1つにおおよその単価をつけているのは知っていましたが、同じ業種様で単価金額が違うんだと実感。
そもそも「人工」と言う言葉に馴染みのない方もいらっしゃると思いますので、少し説明をします。
建築で「人工」とは、1日仕事をしてかかる人件費のことです。元々は、職人さんの工賃(こうちん)を計算する用語でした。
現在は、職人さんだけでなく設計者の人件費など、建築業界全体で使います。1人工は、1人に対する1日当たりの人件費です。
半人工は、「半日」という意味です。 これが人工です!
実は厚生労働省でも基本単価というのは出ているのです。
Buddyを運営していく上でも単価の勉強はもっとしていかないといけないと思いました。
当然会社で忙しいなどでなかなか応援が集まらないケースもありますが、もしかしたら単価の問題もあるのでは?と少し考えました。
あとは工事でかかる金額などにもよるとは思いますが、バラバラなのが現状です。

Buddyは、そんな問題も一緒に考え繋げていきたいと思います^^


仲間が繋がるBuddy

案件多数あります!!

エリア外の仕事でも協力会社が見つかる!

地元以外からも仕事を受注!

会員様以外の会社様にも話をもっていくことができ、全国各地にてBuddyが見合う企業様を見つけます!
拡大地図を表示