ブログ

2020年東京オリンピック後の建設業界の動向

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 2020年東京オリンピック後の建設業界の動向

2019/10/16

2020年東京オリンピック後の建設業界の動向

皆様こんにちは

千葉、埼玉エリア強化中のBuddyです^^

☆2020年東京オリンピック後の建設業界の動向について見ていきたいと思います!

現在、東日本大震災の復興が現在進行中であること、2020年に東京オリンピックの開催が予定されていることから、建設業界には安定した需要があります。
では、オリンピック後はどうなるのでしょうか?

建設業界では、オリンピックが終了したら仕事がなくなるのではないかという声をよく耳にしますが、どうやらその心配は杞憂に終わりそうです。というのも、オリンピック後も実に豊富な仕事があることが予想されるからです。
最も大きな事業として知られるのがリニア新幹線関連工事です。2027年の開業を予定していますが、広範囲にわたる大きな工事となるため、大きな需要が期待できます。
そのほか、老朽化したインフラ設備を刷新する公共事業も多くなる見込みで、震災への不安からビルや住宅の耐震工事への需要も高まることが予想されます。
また、現在はオリンピック需要があるおかげで工事費が高くなる傾向があり、工事をオリンピック後に延期しようとする施主も多く、仕事がたまっている状態のようです。


☆2020年以降も需要が絶えない建設業界!!
Buddyと共に盛り上げて行きませんか?



~仲間が繋がるBuddy~

案件多数あります!!

エリア外の仕事でも
協力会社が見つかる!

地元以外からも
仕事を受注!

会員様以外の会社様にも話をもっていくことができ、全国各地にてBuddyが見合う企業様を見つけます! 
拡大地図を表示